プラズマみかんは2020年初夏、「ワーニャのパンツと洗えない(仮)」という演劇作品を上演いたします。
身の回りにいる「困ったおじさんたち」を物語の軸に、彼らの葛藤と、取り巻く若者や女性たちの軋轢を多角的に描きます。

そこで、出演者とともに台本制作のためのクリエーションに参加していただける方を募集します。

皆さんの切ない経験もプラズマみかんによって面白く楽しい舞台として立ち上がります。
演技の経験等は必要ありません。どなたでも参加頂けます。皆さんのエピソードを聞かせてください。

 

【作・演出 中嶋悠紀子より】
本作品では、定年間近の「おじさん」を中心に日本社会の変化と、新しい時代への適応の困難の問題を浮かび上がらせます。「おじさん」たちは、若者から疎まれ、時に老害だと罵られ、ハラスメントの加害者になるのではないかと怯えています。そして、時にはハラスメントの加害者となります。こうした状況下に置かれた「おじさん」の葛藤と、それを取り巻く若者や女性たちの軋轢を本作品では描きます。この作品の上演を通じて世代間を超えた対話に繋げることを目指していきたいと考えています。

 

【クリエーション内容】
出演者及び有志参加者による、演劇ワークショップです。
参加者の経験を語らいながら、現代社会における困った「おじさん」像を多様に創作します。社会的背景や視点の違いを意識しながら、ステレオタイプ的なおじさんではなく、固有の存在として自らの人生を歩んできた「おじさん」の姿を制作者一同で作り上げ、戯曲のモチーフにします。

 

【例えばこんな『おじさん』いませんか?】

・定年退職したもののすることが無く妻の行くところ全てに付き纏う『ワシも族』。

・『飲みにケーション』だけで仕事が上手くいくと思っている働かない『おじさん』。

・休日出勤していることを誇らしげに部下に語る『おじさん』。

・店員に対して偉そうな態度をとる『おじさん』。

・上司の言いなりで部下をかばわない『おじさん』。

・あれ、これ、それで命令する『おじさん』。

・すぐキレる『おじさん』。

・人の話を聞かない『おじさん』。

 

【クリエーション日程】(全10回)
9/15(日)13:00-17:00
9/22(日)13:00-17:00
9/29(日)13:00-17:00

10/19(土)19:00-22:00
10/26(土)13:00-17:00
10/27(日)13:00-21:00

※継続で行いますが単発でもご参加頂けます。
※11月、12月も開催予定。詳細は別途公開します。

【会場】
プラズマみかん劇団アジト(大阪府東大阪市若江岩田)

【参加費】
無料

【参加頂いた方へのお礼】
・2020年初夏上演予定の『ワーニャのパンツと洗えない(仮)』公演にご招待します。
・完成台本をプレゼントします。

 

【申し込み方法】
以下のフォームから劇団宛に①参加可能日程②お名前③メールアドレス④電話番号を送信ください。
後日詳細をご連絡致します。

お問い合わせフォーム⇒ http://plasma-mikan.com/contact/

 

【申込締切】
開催日の3日前まで

 

【お問い合わせ】
TEL:090-3862-0481(劇団)
E-mail:plasmamikan★yahoo.co.jp (★を@に変えて送信)
web:http://plasma-mikan.com/
Twitter:@plasmamikan
Facebook:https://www.facebook.com/plasmamikan/